code

スキャンしてゲームをダウンロード

四周年に際し、ご好評頂いている「風雲物語」の新たなイベントの開催が決定致しました!
今回のテーマは「本音を聞かせて!四年間の大切な仲間も、忘れられない瞬間も!」となります。
かつて大三国志の中で知り合った同じ道を目指す心の友や、あなたたちの間で最も忘れられない瞬間と物語はまだ覚えていますか?
この機にあなたの本音をぜひ私たちに聞かせてください!
当選作品は公式サイト及び公式Twitterにて紹介させて頂きます。友達と一緒に四周年に乾杯!

作品投稿期間中に、公式投稿募集アカウント(@daisangokustory)にDM
※作品文字数:800文字以上推奨

2021年

7/9(金)~7/29(木)

2021年

7/16(金)~7/29(木)

2021年

8/2(月)

    文章

    縦と横と男と女

    作者ごえん(@hisagonohi)

    初めてゲーム仲間とオフ会に行った時色んな話題で盛り上がりますが、当時、たまたま参加者の妻帯者の割合が8割という状況で、会話は、【いかにゲームをしていることを家族に誤魔化すかと】いう話が一番盛り上がりました。中でも当時、家族の目を盗むために頻繁に使用されていたのが【縦大三国志】でした。

    文章

    初めての征服季

    作者楊端和(@hagoron_hagoron)

    シーズン3を終え、はじめて征服季に挑んだ。すでにアカウントのあるメンバーもあり、征服季では先行鯖の強さが圧倒的で、太刀打ちは難しいことは聞いていた「勉強のために」「経験として」そんな言葉が戦備区のチャットに上がっていたそう、征服季に初めて行くメンツが活躍できるとは思わないほうがいいと暗に先行メンバーは言ってくれていたのだ。

    文章

    無敵の壁

    作者もふー(@zhaJ2ElRGnIEt8P)

    あれはS2のこと……1は初心者のまま奇襲により同盟解体の憂き目にあい、まともに戦争に参加しない状況で終了した。

    文章

    21世紀の声東撃西

    作者疾風のけん(@kh111165)

    それは英雄縦横シーズンのことでした。ぼくら桜風天成は揚州に生まれ、順調に豫州に入り、いよいよ司隸へと虎牢関の関所を攻城に至りました。

    文章

    関所前分城

    作者サクヤ <大三国志>(@Sakuya_dai3594)

    それは誰もが1度はぶつかったことがあるであろう巨大な壁。

    文章

    追放

    作者幻桜 大三国志(@一椰(@Oo_SnKing_oO)

    5季外交官とし務め、6季目は所属していた同盟ごと、盟主が過去に所属していた同盟に応援とし参加していたが2月に同盟から追放されたのだシーズンが始まる前から酷い結果だった。敵となる同盟が2同盟しか見当たらない。

    文章

    こんな手があったか!流浪軍について

    作者あかやあかしや(@akayaakashi)

    大三国志を10シーズン以上やってても、一度も流浪軍を体験していなかった頃は、なにかと流浪軍に苦手意識を覚えていた。

    文章

    本当の狙い

    作者うんも(@unmoiko)

    ここは大三国志サーバー別研究会。今日はここで、とあるサーバーの講師をするため、俺は教室に足を踏み入れた。

    文章

    『とある猛将と軍士の話』

    作者ちひろ(@chihiro2345)

    「だから俺ぁ、言ってやったのよ。お前ら、俺より固有戦法の発動率高いのかよ、ってな」「そりゃあ、それだけ高い発動率を誇るのは潘鳳将軍くらいなもんでしょうね」「そうだろ!

    文章

    副盟主がスパイだった件

    作者ライダー(@Rider_16k)

    幹部「副盟主主城付近に違う同盟の要塞多数!」盟主「ちょっと様子がおかしいですね」私「なんか揉めてるなぁ……

    文章

    お年玉

    作者クロ(@masahito9614)

    はめられた〜……んな気持ちになる、ほっこりするような、クスッと笑いが起きるような出来事です。

    文章

    「姫様」

    作者莉王(@nekotaro125)

    大三国志、初めてのシーズンでたまたま加入した同盟は盟主が可愛らしいお姫様でした。可愛いだけではなく、攻城でもいつも上位で高レベル土地の取得も早くとても強い姫でした。

    文章

    「そんな手もあったか!」

    作者葉隠(@leaves_yousan)

    ゲームを始めたばかりのころ。様々な新しい戦術を目にし、今ではもう常識になったものも多いかもしれないけれど、当時は「そんな手もあったか!

    文章

    「どんな武将だって可能性を秘めている!」

    作者みら(@mirage_heart)

    ある日、仲の良い大三国志友達と部隊編成について話をしていた時のこと。現環境では主力の5部隊が下記のようにほとんど決まっている。

    文章

    「優しいアイデア」

    作者みなき(@minaki_dq10)

    大三国志を始めて、2季目のこと。所謂微課金と呼ばれる私の手持ち武将は潤沢とは呼べず、まだまだ土地を取るのにも苦労していたことを覚えている。

    文章

    「戦果を挙げる意外な方法とは!」

    作者のりたか(@Live3l)

    大三国志の醍醐味はやはり戦争である。その戦争で大きな戦果を挙げるためには、いかに主力部隊を戦場に残し、相手兵を削らせるかがポイントになる。

    文章

    「城区削り」

    作者ここあ(@coarajyanaiyo)

    皆さんは、スタダ直後に襲われる「土地枠ない!問題」にぶち当たった時、どうしているだろうか?

    文章

    こんな手もあったか

    作者siba(@sibaki)

    大三国志を始めて2ヵ月くらい経った頃、1シーズン目涼州スタート。当時は初盟主で初戦争中だった。

    文章

    「目からウロコ」

    作者杏子∞(@hana0714)

    大三国志を始めた頃、何もわからぬままなんとなく同盟を立ち上げて、1人では寂しいので近所の在野に片っ端からお誘いのお手紙をした。「初心者でなにもわかりませんが、もし良かったら一緒にこのゲームを楽しみませんか?

    文章

    【部隊編成と同盟】

    作者サトー(@sato_1603)

    「こんな手もあったか!」と、感じた出来事はいくつかある。

    文章

    【禁じ手】

    作者つっきー(@doukan_Barrier)

    「大三国志をやめたら結婚してあげる。」と強烈なカウンターを決められたのはつい先日。

    文章

    【puru、盟主になるの巻】

    作者puru5(@puru511)

    わたしのシーズン3が始まった。シーズン1とシーズン2では、ただがむしゃらに置いていかれないように一生懸命にプレイしていた。

    文章

    【あの手この手で攻防】

    作者NEXUS(@hayapon_59)

    大三国志を長年ユーザーを経験しておりますが、自分の考える大三国志の重要な局面は外交と戦争。外交に関しては、私はほぼノータッチ(笑)というより苦手です。

    文章

    【関所の醍醐味】

    作者ロッベン(@roben3150)

    大三国志で欠かせない要素の一つ「攻城」。皆さんにとって「攻城」とはどんなものでしょう?

    文章

    「こんな手もあったか!」

    作者トドぬる (@yoshiki19820731)

    大三国志はゲームであって、ゲームでは無い。従来の家庭用ゲームだと、3ヶ月もあれば大体は個々で目標がクリアーとなって、積み上げて来た物は報われる。

    文章

    太古の合戦が今再現される

    作者黒石真史(@masahito9614)

    勝ち残った同盟同士でまた戦乱を繰り返し、洛陽を目指す。

    文章

    大三国志と野球

    作者やべっち(@fight8)

    大三国志と野球は似ている。

    文章

    見えない敵、見える友

    作者ごえん(@hisagonohi)

    皆さんも経験あると思いますが、同州戦争は厳しい。

    文章

    私にとっての同盟とは

    作者翡翠@16(@tomochin_767)

    好きになれる同盟に早々と出会えたということは、とても僥倖なのだ。

    文章

    新たなる歴史を

    作者サトー/無双垢(@sato_1603)

    私も洛陽攻略を目指す。絶対に。

    文章

    戦備区って悪くない

    作者疾風のけん(@kh111165)

    新たな出会いへの期待が入り交じる戦備区、暇だと仰っる方がおおいですが、ぼくは結構好きなんです。

    文章

    同盟に必要な人

    作者人狼(@Njinrou)

    同盟に必要な人、という視点で少し長い分を書かせて頂きました。

    文章

    新たなる歴史を

    作者サトー/無双垢(@sato_1603)

    私も洛陽攻略を目指す。絶対に。

    文章

    戦備区って悪くない

    作者疾風のけん(@kh111165)

    新たな出会いへの期待が入り交じる戦備区、暇だと仰っる方がおおいですが、ぼくは結構好きなんです。

    文章

    絆を深める頃 〜幽州での出会い〜

    作者サクヤ <大三国志>(@Sakuya_dai3594)

    大三国志は他のゲームよりゲーム内でのチャット等が盛んで交友関係を築きやすいところが最高の良いところだと思う。

    文章

    [君主と丞相]

    作者siba(@sibaki)

    同盟を率いるとは会社の経営と多くの部分で似ていると思う。

    文章

    大三国志の盟主

    作者はるぽん@大三国志(@HaruPonCH)

    大三国志の盟主とは、同盟の顔である。

    文章

    同盟の色

    作者みら@大三国志(@mirage_heart)

    同盟にはそれぞれ特色がある。

    文章

    同盟結束の鍵は麻雀にあり!?

    作者きらしゃん(大三国志)(@kirasyan_0802)

    わたしはこの同盟が本当に好きです。もはや第2の家族!

    文章

    その先を見に

    作者quatrenoix(@quatren0ix)

    みんなで一緒にその先の世界を見に行こう!

    文章

    行き着きた先

    作者岡崎教行(@auKqmsylenzGCMg)

    この同盟でもっともっと楽しみたい。

    文章

    何も上手くいかない貴方へ

    作者PC(@PC61302065)

    悲しいことや、苦しいことがあったときにほかのプレーヤーが支えてくれた時である。

    文章

    物語の始まり、洛陽結義

    作者うんも(@unmoiko)

    今回、この同盟の物語はこの様に始まった。

    文章

    驚愕の!一斉共闘宣言!

    作者楊端和(なんとなくw)(@hagoron_hagoron)

    冀州の盟主は、まるで董卓のようだった。

    文章

    いつかの師匠は今は同志

    作者Chika(@Chika96010898)

    違う同盟になっても、友たちとの関係は変わることはなかった。

    文章

    一番の思い出は雑談

    作者まーとん(@TBvwyWn6gcU9rzK)

    大三国志の醍醐味は仲間との交流といっても過言ではないかもしれない。

    文章

    新たな、そして続く出会いを

    作者#46@風の隨に(@8EdVPhvsNto4CHE)

    私の居場所は確かにこの同盟にあるからだ。

    文章

    同盟物語休業要請

    作者itamikennji(@itamikennji)

    強くなくても大丈夫

    文章

    数々の出逢い

    作者だいさーーん。(大三国志)(@daisaaangokushi)

    大三国志で同盟とは『家』だとつくづく思う。

    文章

    私の大事な同盟

    作者みら@大三国志(@mirage_heart)

    同盟が復活してからは周りの協力もあり、楽しい戦争シーズンが続いている。

    文章

    和気あいあい

    作者杏子∞(@hana0714)

    この季に同盟に残ってくれた仲間はその後もずっと、現在まで共に戦う仲間になりました。

    文章

    おばあちゃんへ

    作者ちひろ(@chihiro2345)

    地上からは見ることの出来ないあの虹に向かって、ただ僕は冥福を祈った。

    文章

    昨日の強敵は明日の仲間

    作者たかばなな(@takabanana31)

    全ては天下をとるために!!

    文章

    One for all, all for one

    作者トドぬる@19鯖(@yoshiki19820731)

    「ついに、この同盟も国際交流かなぁ」とワクワクしてました。

    文章

    【ニャン虎隊】人の数だけ、夢の数。

    作者りんちょる(@conan527)

    人の数だけ、夢の数があるとそう思っているからです。

    文章

    たかが同盟、されど同盟

    作者たかが同盟、されど同盟

    醍醐味の同盟で楽しく大三国志ライフを過ごしましょう!

    文章

    十人十色の同盟

    作者のりたか(@Live3l)

    同盟は色々あり、それぞれが特有の色を持ちます。

    文章

    傾国の姫

    作者ちひろ(@chihiro2345)

    大三国志では、好きな同盟を選んで所属することが出来る。

    文章

    まさに奇跡

    作者hrj(@yrmthrj)

    我々は青州からスタートし、初心者の方々と和気藹々と自強、攻城をしていた。

    文章

    どこにでもある大三国志のひとコマ

    作者ちひろ(@chihiro2345)

    「ねー、ほんと強かったけど、戦ってよかったよ。すごく勉強になった」

    文章

    極悪非道な盟主が

    作者tignes123(@tignes123456789)

    わが陣営にスパイがいたのです。

    文章

    三周年に向けて

    作者NEXUS(@hayapon_59)

    戦ってこそ我が同盟、負けても勝っても、そこには仲間がいる。

    文章

    分かち合い

    作者ロッベン【花天酒地】(@roben3150)

    同盟は皆が一緒に燃えられるコミュニティだ。

    文章

    同盟チャット

    作者青夏ニワトリ(@BlueSUMMER04)

    同盟の思い出といえば、言わずもがな。チャットである。

    文章

    6鯖第2シーズンのある同盟の軌跡

    作者ノッポ&ゴン太(@NoppoSun)

    この墨守という名前が、後に成員たちの運命を導くことになる。

    文章

    同盟合体

    作者北方謙二(@LJ9mVHHDhZyYfBd)

    ある日、盟主から手紙が届いた。

    文章

    我らが北斗星

    作者せんおかず(@FXUtJ4zZ09650Nt)

    いつか洛陽が取れる同盟になると信じて疑わない。

    文章

    とある盟主の1日

    作者たかばなな(@takabanana31)

    今日は盟主として過ごしていた日々の1日を振り返ってみよう……

    文章

    荊州に産まれた暴君盟主

    作者うんも( @unmoiko)

    この乱世で天下統一を成し遂げようと、荊州の大地にこの暴君は生まれた。

    文章

    1年越しの挑戦

    作者スリール(@patissier579)

    大三国志は、僕の中ではただのゲームという言葉では語れない存在となっています。

    文章

    〜嫌いじゃない!!〜

    作者酒呑(@is11132)

    前回のリベンジを。私達の成長をあの同盟に見せつけてやろう!!

    文章

    戦争は貧乏の始まり

    作者Riii(@nekotaro125)

    節約盟主の貧乏戦争ストーリーは今日も続く。

    文章

    大三国志を始めてみたい方に向けての戦争イメージ

    作者siba(@sibaki)

    大三国志内での熱き戦いとチャット内の盛り上がりに貴方も参加しませんか?

    文章

    大三国志の魅力

    作者ワールド系(@textexchoucho)

    それまで戦争を知らなかった私は、初めての戦争にドキドキしていたのを今でも覚えています。

    文章

    オフ会を通じて仲間と出会った2年間

    作者才木茜(大三国志)(@aka_nemon)

    そんな彼らとの出会いは2年前のオフ会まで遡る。

    文章

    大三国志から広がる人との繋がり

    作者siba(@sibaki)

    2017年7月31日から始めたこのゲームも7回リセットされ、今回で8回目になる。

    文章

    疲労をも飛ばす充実感

    作者ミカン(@bfk8HzTUcN6zMC2)

    戦争は勝てば自軍の勢力範囲を拡大させ、新たな城を得る最大のチャンスである一方で、負ければ同盟の存続すら危うくなるというリスクを伴う。

    文章

    陽動部隊の恐怖

    作者オリヴィエ@大三国志(@VLO2NxfeG2M9JI3)

    私が今までの戦争で一番影響を受けたのは今ではどこの同盟でも行っているし、現在私のいる同盟でも当たり前に行われている300隊を使った戦術との出会いです。

    文章

    ハマったきっかけは2度の陥落!?

    作者とどろき(@mobu_shachiku)

    私の大三国志デビューは激動の毎日でした。始めたきかっけはYouTuberの案件動画。

    文章

    流浪軍と死神と天使

    作者みゅんたんしゃまとネコパンチ(@myuntansyama)

    荊州で農民生活を続ける事半年。縁あって今の仲間たちと出会い、鍬を手に一斉蜂起。

    文章

    昨日の敵は今日の友

    作者ゆーじろ。ㄟ゜ㄋㄟ゜ㄋの人(@yu_jiro1234)

    時を遡ること2年ほど前、幽州から始まった私の大三国志生活は非常に悔しい思いをすることとなった。

    文章

    ラストアタックという光と闇

    作者つっきー(@doukan_Barrier)

    このゲームが誕生してからというもの、どのシーズンでも、どのサーバーでも必ずラストアタックは存在してきた。

    文章

    潼関どん!

    作者花篝(@MaikeyMars)

    私の印象に残っているのはS2での潼関を挟んだ攻防です。

    文章

    さらば仲間よ

    作者ごえん(@hisagonohi)

    ログインすると、手紙がたくさん入っていた。

    文章

    下剋上

    作者わをん(@e0ZBAOikHXLRaw9)

    私たちの同盟は州で開幕当初は二番目に大きい同盟でした。

    文章

    背中を追いかけて

    作者フォス(@ksSw3C6pwUt3Q2M)

    時は、三国時代。数え切れぬ者達が天下を狙う騒乱期。

    文章

    NとHの精鋭分隊

    作者翡翠@16(@tomochin_767)

    とあるサーバーにおけるS1の終盤、司隷では二大同盟による洛陽を賭けた最終戦が行われていた。

    文章

    初陣

    作者フレディ (@LviJYMgokLhjVQB)

    私の初めての戦争は右も左も分からない状態で始まりました

    文章

    些細だけど最高の思い出

    作者Keiji(@11Keji18)

    It’s showtime!!

    文章

    戦争 〜同盟の色〜

    作者トドぬる@19鯖 (@yoshiki19820731)

    大三国志は対人ゲームであるため、敵が頑張れば、それを上回るようにこちらも頑張らなくてはならない。逆にこちらが頑張れば、敵もその分対抗してくる。

    文章

    盟主の努め

    作者まーとん (@TBvwyWn6gcU9rzK)

    これは同盟の盟主として戦争に参加した時の話です。

    文章

    武勲を追い求めて

    作者みら@大三国志(@mirage_heart)

    私は昔から曹操が好きだったため、曹操陣営でスタート。

    文章

    勝利の鍵を握る戦術「タイムキーパー」

    作者せんおかず(@FXUtJ4zZ09650Nt)

    皆さんは戦争においてのタイムキーパーという役割をご存知だろうか。

    文章

    シーズン1の苦い思い出

    作者はるぽん(@HaruPonCH)

    大学生だったため、あまり課金は出来なかったが、1万円の課金で夏侯淵と呂蒙を引き当てた。

    文章

    犬猿の仲から永遠の仲へ

    作者せんおかず(@FXUtJ4zZ09650Nt)

    「遺恨」…大三国志をプレイされている方なら誰しも耳にしたことのある言葉であろう。このお話は犬猿の仲から永遠の仲になった、ある奇妙な物語である。

    文章

    大三国志の仲間とともに...

    作者才木茜(@aka_nemon)

    仲間と飲む時に話題となるのは、1区のシーズン1の時のこと。

    文章

    全州をまきこむ戦争の行方は!?

    作者サクヤ(@Sakuya_dai3594)

    それは全州を巻き込む戦争だった...。 

    文章

    格上同盟との戦争!果たして結果は...?

    作者和泉守兼定28 (@izuminn28)

    私の記憶に強く残っている戦争は初めての征服季での戦争でした。

    文章

    同盟の色は所属する人間で決まる!?

    作者Kyoa( @leaves_yousan)

    このゲームにおいて、私たちは領地や城を獲得し、勢力を拡大していくために時折戦争をする。

    文章

    兄弟喧嘩のような戦争

    作者yanx(@yanx53311063)

    私の体験した戦争エピソードは、チャットなどから口論?になり始まる戦争です。

    文章

    仲間がいることの素晴らしさ

    作者しんさん(@shinsan1056)

    私の所属する同盟は1季で洛陽を手にいれ、最強の同盟だと感じてました 。

    文章

    戦争は誰だって活躍できる

    作者たいち(@e25cSoP3AwlfwMf)

    「戦争」は大三国志の醍醐味でもあり、自分の一番好きなイベント。

    文章

    連携で勝つ「決勝中原」

    作者ゾゾ(@zozozoexia)

    『戦争』それは大三国志のメインイベント。

    文章

    ダメ、ぜったい!!

    作者疾風のけん(@ibrLBxXmdTjTUCf)

    絶望的な状況の中、涼州内の同盟と協力して、必死に関所の防衛。

    文章

    逆境だってなんのその

    作者サブロ〜(@fjmrr4hl1)

    じりじりと追い詰められる日が続いている。同盟の士気も下がり、どんよりと重たい空気が同盟内に漂っていた。

    文章

    たかが戦、されど戦

    作者PRS@GAMES(@kcprskc)

    『Pさん、めちゃくちゃ面白いゲーム有りますよ!一緒に戦いませんか?』

    文章

    同盟を背負う者達

    作者ロッベン【黒の水玉帝国】(@roben3150)

    決戦中原は大連合対大連合の戦いでした。

    文章

    寝るな!戦え!

    作者きらしゃん(@kirasyan_0802)

    私の中に今でも強烈な記憶として残っているのは5季の戦争での関所戦です。

    文章

    大三国志の思い出

    作者大三国志bot(仮)(@bot_kakkokar)

    楽しいことも苦しいこともいろいろあったけれど、そのどれもが自分を成長させてくれていると思う。

    文章

    大三国志の思い出

    作者マサヤン(大三国志)(@masayaanx)

    まだ太陽が登らない時間にスマホのアラームが鳴り響く。

    文章

    大三国志との出会い

    作者妖精王G@大三国志(@G99204553)

    大三国志を始めた切っ掛けは大学時代の先輩からの誘いだった。

    文章

    大三国志の思い出

    作者siba(@sibaki)

    私は1季は連合同盟の1盟主として報酬を得たものの、2季での準備不足により合併区陣営に敗北。

    文章

    大三国志の思い出

    作者雪白(大三国志/荒野行動/ブラホラ)(@nim6siosyake)

    なーぜーだーー!!

    文章

    大三国志と私

    作者こどもん(@codomo3350)

    大三国志を始めたきっかけ僕は1区揚州スタートで大三国志を始めた。

    文章

    繋がりを感じるゲーム

    作者もみもみ(@momimomi_Banzai)

    わたしは戦法や編成を考えることがたのしみですが、続けてる一番の理由は仲間がいるからだ。

    文章

    大三国志の思い出

    作者ChaØ(まめっちくん)(@36chaoz36)

    シーズン1では、州内で共闘関係にあった同盟から深夜に突然裏切り、盟主を攻められました

    文章

    大三国志の思い出

    作者フレッド/義友(@Fred3594)

    私が大三国志を初めてプレイしたのは、テレビでバイキング小峠さんが大三国志のCMをやっていたのを見てから。

    文章

    大三国志の思い出

    作者サクヤ <大三国志>(@Sakuya_dai3594)

    うちの同盟は楽しく、和気藹々とした同盟です。そんなうちの同盟で起こった2つの出来事を自分はいつまでも忘れないと思います。

    文章

    大三国志の思い出

    作者みら@大三国志(@mirage_heart)

    1季では納得のいかない負け方をしたため、2季では必ず洛陽を全員で取ると決めていました。

    文章

    〜風雲物語〜

    作者和泉守兼定28❄(@izuminn28)

    これは私の仲間たちとの出会いの物語である。

    文章

    〜風雲物語〜

    作者サクヤ <大三国志>(@Sakuya_dai3594)

    2年以上大三国志を続けてきたが、1番最初の頃が1番濃かったと思う。

    文章

    父の好きな武将はいずこ

    作者ばちょ(@a36463534)

    オトンがね、好きな武将おるらしんやけど、その武将の名前忘れたらしくてね

    文章

    風雲物語〜この世界で私は〜

    作者おさむ(@ojihenomichi)

    この世界の事は何も分からない。右も左も分からないこの世界で、任務をこなしながらハイハイし始めた。

    文章

    妻と大三国志とマボロシ

    作者幻(@mpImWobc5PLPLXO)

    世の中の奥さんは恐ろしい生き物だ。

    文章

    同盟間の友情 〜青州から時計回りの益州への遠征〜

    作者トドぬる@19鯖(@yoshiki19820731)

    洛陽を取るべく、シーズンの開始を、友好同盟で、青州に同盟「A」、徐州に同盟「B」、同盟「C」、揚州に同盟「D」と立ち上げた

    文章

    リアルと大三国志と国家試験

    作者せんおかず(@FXUtJ4zZ09650Nt)

    宅地建物取引士の試験は10月、大三国志ではもうすぐ7季が始まろうとしていた。絶対に合格しなければならない。

    文章

    風雲物語

    作者憂姫(@saigyouzimyon)

    ある所に憂姫という軍師がいたそうな。何でも語尾に「にゃ」をつけてる事で一部の軍師間では有名との事。

    文章

    風雲物語

    作者翡翠@16(@tomochin_767)

    ※武将視点を捏造したような物語のため、ルールと違うようでしたらすみません……ああ、やっと来てくれた!

    文章

    風雲物語

    作者飯カエル(@D64X7iNLmfWWlPd)

    今でも、あの感動は覚えています

    文章

    風雲物語

    作者北方謙二(@LJ9mVHHDhZyYfBd)

    神出鬼没な流浪軍を相手にする為、対流浪軍の要塞を建設を始める。

    文章

    全体チャット

    作者ROKI(@RokiSino)

    私が注目して読んでいるものは個人の独り言の様なコメントだ。

    文章

    左様なら

    作者ごえん(@hisagonohi)

    たまたま見た舞台の三国志の人物名が覚えられなくて、ゲームでもやれば覚えられるかと思い、軽い気持ちで大三国志をDLした。

    文章

    大三国志・風雲物語 in puru5

    作者puru5(@puru511)

    世の中の話で何でも初めては思い出深いといいますが、私にとってもやはり思い出深いのは、まだ訳もわからずただひたすらに夢中になってプレイしたシーズン1です。

    文章

    ~風雲物語~

    作者Ciao/まめっち(@36chaoz36)

    洛陽をかけた最終決戦が始まった。

    1 応募作品の中から複数入選作品が大三国志チームによって選ばれます。入選を果たした作品は、主君の皆様による投票が行われます。得票数が上位3位の作品を発表します。
    2 入選された場合、公式Twitterアカウントから、DMにてお知らせします。
    3 複数人で共同制作した作品を投稿した場合、複数のTwitterアカウントで投稿するではなく、1つのTwitterアカウントで投稿してください。入選された場合、作品1つについて、1つのユーザーIDに限り、報酬を配布させていただきます。
    4 第三者の権利(著作権、プライバシー及び肖像権等を含みますが、これらに限られません)を侵害し、又は侵害するおそれがある作品は、ご応募いただけません。作品が第三者の権利を侵害したことにより弊社に損害が生じた場合、応募者様は、当該損害の一切(弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。
    5 本イベントに関連して、第三者との間でトラブル又は紛争等が発生し、応募者様に何らかの損害が生じた場合、応募者様がすべての責任を負うものとし、弊社は一切責任を負いません。
    6 応募者様は、投稿された作品について、弊社に対し、期間の定めなく、日本国の内外を問わず、無償で非独占的に使用する一切の権利(著作権法27条及び28条の権利を含みます。これらに限られません。)を許諾したものとみなします。
    7 受け取りの際に、酒類の賞品を獲得した方はDMで20歳以上である証明をご提示いただく必要があります。ご提示いただけない場合は、同等価値の他の賞品に変更させて頂きます。

    Q:文字数とジャンルの制限がありますか?

    A:800文字以上推奨です。

    Q:一人一回しか投稿できないですか?

    A:いいえ、投稿期間であれば、何回でも投稿できます。

    Q:投稿したら、連絡が来ますか?

    A:はい、投稿が成功した場合、二週間以内公式投稿募集アカウント(@daisangokustory )からDMで連絡致しますので、ご確認をお願い致します。また、連絡が来ない場合、お手数ですが、公式投稿募集アカウント(@daisangokustory )にて問い合わせしてください。

    Q:賞品がいつもらえますか?

    A:Amazonギフト券に関して、入選された時に、公式投稿募集アカウント(@daisangokustory )からギフトコードをDMにて順次、ご連絡致します。他の賞に関して、投票発表日に公式投稿募集アカウント(@daisangokustory )からDMで当選者にお知らせします。該当DMで当選者の住所および連絡先を確認させていただきます。お答えがいただいて1ヶ月以内プレゼントをご配送いたします

    ログインすると毎日10

    がもらえます

    本ページへのログ

    インの許可する

    アイコン情報を許可
    ニックネーム情報を許可
    確 認

    投票します~

    img 1 img
    確 認

    投票券を5票配布しました。投票券は毎日リセットされますので、好きな作品に投票することを忘れないでね!

    本日分の投票は完了しております。また明日来てくださいね。

    確 認