code

タイトル:大三国志 ジャンル:戦略SLG
配信プラットフォーム:Google Play、App Store ■価格:基本無料(アイテム課金あり)

▶ お問合せ ▶ プライバシーポリシー ▶ 運営会社
▶ 資金決済法に基づく表示 ▶ 特定商取引法に基づき表示

【予告】新武将2名、新征服シーズン実装予定!

2021/03/05

主公の皆様、いつも『大三国志』をプレイしていただきありがとうございます。

 

春がやってきています。この素敵な季節に、主公の皆様に新武将、新シーズン、及び新イベントの予告情報をお伝えしたいと思います。

 

 

1.新武将実装予定(征服シーズン&戦備区のみ)

 

【★5郭皇后[][弓]】

魏文帝曹丕の妻。早くから両親を亡くし、曹丕は魏公の時に嫁入りし、黄初三年222年)、皇后として立てられる。倹約家であり、享楽にふけることがなく、さらにその美貌から曹丕の深い寵愛を受ける。

『三国志演義』では、曹丕が皇帝として即位すると、郭氏は貴妃とされた。郭氏は皇后になりたく、寵臣の張韜と手を組み、甄夫人に濡れ衣を着せた。曹丕は甄夫人を死罪にしたのち、郭氏を皇后にした。

 

 

【★5高順[][騎]】

酒をたしなまず、清廉潔白で威厳のある呂布配下の武将。率いる部隊は極めて精鋭で、攻撃した敵を必ず落とすことから「陷陣営」と称される。曹操が呂布を撃破した後、投降を拒んで最後は呂布とともに処刑された。

『三国志演義』では、高順軍は下邳城で夏侯惇軍と交戦したことがあり、その際高順は夏侯惇と一対一で戦い、夏侯惇に負け、城に戻ろうとした。それを見て、夏侯惇は馬に乗って彼の後を追ったが、途中で高順の部下曹性に弓で目をやられた。最後に、高順軍は夏侯惇軍を破り、勝利を収めた。

 

 

 

2. 新征服シーズン「興平烽煙」

【烽煙起こる、鼓角鳴る】

 興平元年、曹軍東征、兗州に異変が生じ、郡県は皆、呂布に応じる。

 

 馬騰李郭は長安で相争い、袁術の思惑もあって、孫策は盧江丹陽を破る。

 

 陶謙は急病で亡くなり、劉備は徐州を以て天下を争わんとする。

 

 天下分崩、烽煙四起、乱象現れる

 

——プロローグ

 

 西暦194年、英雄豪傑らが立ち上がり、諸侯の間で戦が絶えない。袁紹術の実力は衰えておらず、劉備、呂布、孫策らは実力をあげてきている。興平烽煙」シーズンでは、この時期の歴史は再び上演されようとしているが、物語の行く末は主公の皆様によるものとなります

 

 

【戦略の変化】

 

 

(勢力の分布図、実装されたものと異なる場合がございます。

 

 他のシーズンと異なり、このシーズンでは、各サーバーはランダムで出生陣営を開放します。ゆえに、出生陣営の選択において、サーバーごとに異なる状況に面することになります。どこを出生陣営にするかは、全て主公の皆様次第です。

 

 また、このシーズンにおいて、陥落について調整を行い、プレイヤーの皆様に新たな戦略要素を提供できるようになりました。これまでの陥落ルールにおいて、一人の力で同盟を一つまるごと陥落にすることもあったり、両軍の膠着状態を打開するために陥落を使うこともあったりしました。新たな陥落ルールのもと、皆様の戦略や策はどのように変化するでしょうか。

 

 

【新技術の選択

 「興平烽煙」では、通常の術以外に、斬新な術を用意いたしました。具体的にどの技術を使用するかは、皆様の選択や判断によります。「水因地而制流、兵因敵而制勝」という言葉のように、情勢が絶えず変化する戦場において、もっとも適する技術を選択できるかどうか、プレイヤーの皆様の腕が試されます。

 

(図:新技術、実装されたものと異なる場合がございます。

 

 

【新地図要素

 孫子兵法曰く「是の故に軍に輜重無ければ則ち亡び、糧食無ければ則ち亡び、委積無ければ則ち亡ぶ」。土地と資源は『大三国志』において常に皆の争うものです。土地は同盟などの勢力が拡張するための基本であり、資源はプレイヤーたちが成長するため、戦うための保障です。そのため、開発陣は常に土地に関連するプレイモードを豊富にするために努力しています。興平烽煙」シーズンにおいては、新たな土地種類――沃土が追加されます。沃土は特殊な土地で、その資源の産出方法も通常の土地と異なります。

 

(沃土、実装されたものと異なる場合がございます。

 

 『呉越春秋』曰く、「凡欲安君治民、興霸成王、從近制遠者、必先立城郭、設守備、實倉廩、治兵庫。斯則其術也」。「地」によってそれにふさわしいものを立てるのがいいとされます。沃土において、対応する使用可能な建築物もあります。注目すべき点は、沃土の資源産出も、建築物の建築と使用も、同盟全体の協力や作戦と密接に関わることです。

(図:沃土における新たな建築物、実装されたものと異なる場合がございます。)

 

 

【展望】

 『大三国志』はもっともリアリティーのある三国志世界を再現すべく、いつも改善を行い、新たな試みを実践しています。「興平烽煙」における沃土、技術及び勢力分布の変化によって、皆様に新鮮味のある戦略体験をもたらすことができたら幸いです。これらの変化により、歴史上の興平元年は再び上演されるか、はたまた主公の皆様によって素晴らしい戦役が生まれるのか、楽しみです。

 

 新シーズンの陣営分布と特色は如何なるもの?沃土建築物はどのような効果を持つ?新技術はどう選択すればよい?などについては、これからのシーズン情報をご期待ください。

 

 

また、春の到来に際し、季節限定イベントも用意しております。ぜひご期待ください!

 

今後とも、『大三国志』をよろしくお願いします。

『大三国志』運営チーム

 

© 2018 NetEase, Inc. ALL Rights Reserved.